So-net無料ブログ作成
映画鑑賞 ブログトップ
前の10件 | -

【映画鑑賞記2/20’】ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋 [映画鑑賞]

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」を鑑賞。
952203ada2d14610.jpg
予告編とスマホの映画アプリの評価を見て面白そうだったので観に行きました。
内容は、才色兼備の国務長官(シャリーズ・セロン)とうだつのあがらないジャーナリスト(セス・ローゲン)との恋愛をシニカルに描いたラブコメディ。
370111_003.jpg
主人公がアメリカの国務長官なので、ちょっと今のアメリカに対しての風刺もあり、かつ、下ネタもありで面白かったです。
シャリーズ・セロンみたいな美人が大統領を目指し、下ネタにも屈しない。そのギャップが良かったわ。
ここのところのシャリーズ・セロンは今年のアカデミー賞作品賞にノミネートされている「スキャンダル」など出演作が目白押し。今年、注目の女優かも。
370111_008.jpg
高嶺の花に恋する役のセス・ローゲンは「40歳の童貞男」など、ちょっとエッチなコメディが似合う俳優。この作品でも本領発揮していました(笑)
370111_009.jpg
実はHCくんはラブコメ映画が大好きなのです。ラブコメの女王と言われた、メグ・ライアンの露出が減った今、ラブコメ映画は少なくなった感じですが、2020年代のラブコメ女王の登場が待ち遠しいですね。

解説:才能あふれる国務長官とさえないジャーナリストが織り成すラブコメディー。『タリーと私の秘密の時間』などのシャーリーズ・セロンふんする高嶺の花に恋するジャーナリストを『スモーキング・ハイ』などのセス・ローゲンが演じるほか、『猿の惑星』シリーズなどのアンディ・サーキス、『ターザン:REBORN』などのアレキサンダー・スカルスガルドらが共演。『50 / 50 フィフティ・フィフティ』などのジョナサン・レヴィンがメガホンを取った。

あらすじ:アメリカの国務長官として世界中を駆け回るシャーロット(シャーリーズ・セロン)は、大統領選への出馬に向けて、選挙のスピーチ原稿をジャーナリストのフレッド(セス・ローゲン)に依頼する。フレッドは、常にその動向が注目されるシャーロットと行動するうちに、自分とは不釣り合いと知りながら彼女のことを好きになるが、その先には幾多の難関があった。
nice!(12)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記1/20’】カツベン! [映画鑑賞]

2020年初映画は邦画の「カツベン!」。
東映映画の株主優待券をもらったので観に行っちゃいました。
b194124a05378762.jpg
監督は「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」の周防正行。一時は興行的にかなり稼いだ監督というイメージですが、最近は作りたい作品を作っているといったイメージが強いですね。
本作はサイレント映画時代を舞台に一流活動弁士になることを夢見る青年を主人公にしたコメディドラマ。活動弁士は当時の人気職業でしたね。
活動弁士を夢見る俊太郎(成田凌)が流れ着いたのは小さな町の閑古鳥の鳴く映画館・靑木館。そこで、ニセ活動弁士として働くことになります。
367966_001.jpg
隣町にあるライバル映画館に人材も取られ、客足もまばらな靑木館にいるのは、人使いの荒い館主夫婦(竹中直人・渡辺えり)、傲慢で自信過剰な弁士(高良健吾)、酔っぱらってばかりの弁士(永瀬正敏)など、クセの強い人材ばかり。
その他にも、幼なじみの初恋相手(黒島結菜)、大金をくすねた俊太郎を追うヤクザとヤクザとニセ活動弁士を追う警察などが現れ、まさにサイレント映画時代のドタバタ劇が繰り広げられます。
367966_003.jpg
ヒロインの黒島結菜はNHK朝ドラ「スカーレット」で主人公の弟子ミツを演じていましたね。ハチさんとヤバそうな関係になるかと思いきや、自ら身を引いて潔い女性を演じました。時が時だけに、旦那をとっちゃう設定はできなかったんでしょうかね(笑)
367966_002.jpg
古き良き時代のサイレント映画そして当時の花形・活動弁士を知ることができて勉強にもなった作品でした。
367966_004.jpg

解説:『それでもボクはやってない』などの周防正行監督が、映画が「活動写真」と呼ばれていた時代に独自のしゃべりで観客を沸かせた「活動弁士」を主人公に据えた青春活劇。約100年前を舞台に、活動弁士を目指す青年と彼を取り巻く人々を描く。主演を『ニワトリ★スター』などの成田凌、ヒロインを『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』などの黒島結菜が務める。共演には永瀬正敏、高良健吾、井上真央、竹中直人、小日向文世、竹野内豊らが名を連ねる。

あらすじ:偽の活動弁士として泥棒一味の片棒を担ぐ生活にウンザリしていた染谷俊太郎(成田凌)は一味から逃亡し、とある町の映画館にたどり着く。そこで働くことになった染谷は、今度こそ本当の活動弁士になることができるとワクワクするが、そこは館主夫妻(竹中直人、渡辺えり)をはじめ、スターを気取る弁士の茂木貴之(高良健吾)や酒好き弁士の山岡秋聲(永瀬正敏)などくせ者ばかりだった。
nice!(14)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記65/19’】スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け [映画鑑賞]

「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を鑑賞。
2019年の映画ラスト鑑賞になりました。
e272394ea5978410.jpg
「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした2015年「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、2017年「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に続く3部作の3作目。「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結します。
以下が、スカイウォーカー家の系譜です。
03.jpg
結局はスカイウォーカー家が銀河を混乱に陥れていたんでしょうかね(笑)また、こういった系譜は昔の大映ドラマっぽいところあって、それが日本でも受けたんでしょうね。
さて、本作は監督が変わったりドタバタがあったみたいですが、「フォースの覚醒」を手がけたJ・J・エイブラムスが再びメガホンをとり、主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら3部作の主要キャラクターを演じてきたキャストが集結しています。
367080_001.jpg
BB8たちドロイドも健在。
367080_005.jpg
そして、特出すべきは初期3部作の「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」などに登場したスター・ウォーズOBのビリー・ディー・ウィリアムズ演じるランド・カルリジアンが再登場してSWファンを喜ばします。
反面、シリーズを通して重要な役割を担ってきた、キャリー・フィッシャー演じるレイア姫。16年12月に急逝したキャリー・フィッシャーですが、「フォースの覚醒」製作時に撮影されていたものの未使用だった映像を用いて登場します。スター・ウォーズ・シリーズには欠かせない存在だったレイア姫。寂しさでいっぱいです。
367080_003.jpg
壮大な銀河系での戦い。最新のCG技術がSWの世界観を醸し出しています。
367080_006.jpg
そのCGで主要な役割を実は日本人が担っているのです。日本人CGモデラーの成田昌隆氏はミレニアム・ファルコン号などの主要な戦艦等をCGモデリング。
img001.jpg
先日、NHKの「逆転人生」にも出演していましたが、45歳まで証券マンだった彼が夢を諦めきれずにハリウッドに挑戦し、念願のルーカスフィルムのVFX部門であるIndustrial Light & Magic(ILM)へ転職。その夢を諦めない姿勢は感銘をうけましたね。
何はともあれ一応の完結をむかえたSW。すでに、エピソード10から12の新三部作の製作が発表されています。新シリーズも気になりますね。

解説:1977年公開の第1作以来、世界の人々を魅了し続けている超大作シリーズの完結編。レイ、カイロ・レン、レイア・オーガナ、ポー・ダメロンをはじめとするキャラクターたちを待つ運命が、壮大なスケールで描かれる。監督と脚本を担当するのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などのJ・J・エイブラムス。デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、ビリー・ディー・ウィリアムズらが出演する。

あらすじ:スカイウォーカー家のカイロ・レン(アダム・ドライヴァー)は祖父のダース・ベイダーを崇拝し、その遺志を継承するため銀河を掌中に収める。一方伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの強い思いを受け継いだレイ(デイジー・リドリー)はフォースを覚醒させる。光と闇のフォースをめぐって、二人の運命は最終決戦に委ねられる。


nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記64/19’】アナと雪の女王2 [映画鑑賞]

「アナと雪の女王2」を鑑賞。
2add4c08bf71d99a.jpg
本作は、世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも歴代3位となる興行収入255億円を記録した「アナと雪の女王」の続編。
安定・安心そして安全のディズニーアニメ。
本作もヒットはしていますが、内容的には”柳の下のドジョウ”って感じでしょうかね。
367239_001.jpg
その要因は楽曲にあるかも。前作の主題歌は映画同様大ヒットしましたが、今回はあまり耳に残りません。映画には、特にディズニーアニメには楽曲とともにヒットするイメージが強いですからね。
ちなみに、前作では雪だるまのオラフの吹き替えはピエール瀧が担当でしたが、今回は声優の武内駿輔が演じているそうです。字幕版を観たHCくんにはどうでも良い交代ですが・・・
367239_005.jpg

解説:第86回アカデミー賞で歌曲賞、長編アニメ映画賞を受賞した『アナと雪の女王』の続編。姉エルサの氷と雪を操る力の秘密に迫る。前作に引き続き、監督をクリス・バックとジェニファー・リー、エルサ役の声優をイディナ・メンゼル、アナ役をクリステン・ベルが務めた。

あらすじ:凍てついたアレンデール王国を救い、確固たる絆で結ばれたエルサとアナの姉妹は、幸せに暮らしていた。ある日エルサは、自分にしか聞こえない不思議な歌声を耳にする。その歌声に導かれるように姉妹は仲間の山男クリストフ、雪だるまのオラフと一緒に旅に出る。
nice!(15)  コメント(13) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記63/19’】ジュマンジ ネクスト・レベル [映画鑑賞]

「ジュマンジ ネクスト・レベル」を鑑賞。
86291e2b047e397b.jpg
テレビゲームの世界に吸い込まれた高校生たちが、本来の姿とかけ離れたゲームキャラクターのアバターになって冒険を繰り広げる姿を描き、大ヒットを記録したアドベンチャー「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」の続編。
今回も前作に登場した、スペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーが登場し再びゲームの中に吸い込まれてしまいます。
しかし、ゲームの世界はバグだらけでキャラの入れ替え設定はめちゃくちゃ。さらに、スペンサーのおじいちゃん達も一緒に吸い込まれていた上に、ジャングルのみならず砂漠、氷山など新たなステージも追加されていて、といったストーリー。
369013_001.jpg
主演はドウェイン・ジョンソン。その他、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスらメインキャストも再結集しています。
ちなみに、ドウェイン・ジョンソンは2019年にハリウッドで一番稼いだ俳優だそうです。「ジュマンジ/ネクスト・レベル」と「ワイルド・スピード スーパーコンボ」の2本への出演で約95億を稼いだそです。一生遊んでくらせるなー
369013_002.jpg
けどね、映画的にはロビン・ウィリアムスが出演していた最初の「ジュマンジ」が一番面白かったよ。ロビン・ウィリアムス、良い俳優だったな。Amazonプライムで観れるので観直そうかな。
640.jpg

解説:約20年振りの続編となった『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に続くアドベンチャーシリーズの第3弾。再びゲームの世界に入り込んだ4人の高校生に2人の老人が加わり、砂漠や雪山などから生還するためサバイバルを繰り広げる。出演はドウェイン・ジョンソンやジャック・ブラックら前作のキャストのほか、ダニー・デヴィート、ダニー・グローヴァーが共演。監督は前作のジェイク・カスダンが続投する。

あらすじ:ジュマンジをクリアして2年。大学生になったスペンサーは、破壊したジュマンジを修理しようとして再びゲームの中に吸い込まれる。ベサニーたちもジュマンジにログインするが、バグったゲームの世界ではキャラクターが入れ替わり、スペンサーの祖父たちもジュマンジの中に入ってしまう。そして新たに砂漠や氷山などのステージが追加されていた。
nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記62/19’】屍人荘の殺人 [映画鑑賞]

「屍人荘の殺人」を鑑賞。
a694635c87259331.jpg
デビュー作ながら「このミステリーがすごい!2018年度版」など3つの国内主要ミステリーランキングで1位を獲得した今村昌弘による同名ミステリー小説を神木隆之介、浜辺美波、中村倫也の共演で映画化。
ミステリー小説オタクの大学生・葉村譲(神木隆之介)は、
368152_003.jpg
先輩でミステリー愛好会会長の明智恭介(中村倫也)に振り回され、
368152_005.jpg
ホームズとワトソン気取りで学内の瑣末な事件に首を突っ込んでいました。
同じ大学に通い、私立探偵の顔も持つ剣崎比留子(浜辺美波)は、
368152_004.jpg
2人に音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ちかけます。実は比留子のもとには「今年の夏合宿で何かが起こる」との犯行予告が届いていたのです。夏合宿がおこなわれる山奥のペンション紫湛荘へと向かい、
3人は研究会のメンバーと合流する。そしてその夜、密室状態となった紫湛荘で惨殺死体が発見され・・・
368152_017.jpg
ほぼ、原作どおりにストーリーが展開されてるところは評価したいですね。また、原作はある意味ぶっ飛んだミステリーなので、そこのところの描写も頑張っていました。原作がそうなので仕方がないところですが、明智恭介役の中村倫也の使い方はもったいなさすぎます。
しかし、剣崎比留子役の浜辺美波は美少女ですわ。彼女はHCくんの故郷・石川県金沢出身。正当な金沢美人ですね。40年近く若かったら、どこかで出会っていたかなと、妄想してしまいます[ハートたち(複数ハート)]
最近は、大相撲でも関取・遠藤、炎鵬など石川県出身者が頑張っています。そして、ヤクルト・スワローズにドラフト1位で入団した星陵高校出身の奥川投手にも期待。故郷の若い人たちが頑張っていると、こちらも身が引き締まりますわ。

解説:第27回鮎川哲也賞、第18回本格ミステリ大賞に輝いた今村昌弘の小説を実写映画化。大学生たちが山奥のペンションで起こる連続殺人に挑む。メガホンを取るのは『ATARU』シリーズなどの木村ひさし。『フォルトゥナの瞳』などの神木隆之介が主演を務め、『君の膵臓をたべたい』などの浜辺美波、『星ガ丘ワンダーランド』などの中村倫也らが共演。

あらすじ:ミステリー小説が大好きな大学生・葉村譲(神木隆之介)は、ミステリー愛好会の会長を務める明智恭介(中村倫也)に強制的に入会させられ、学内で起きる事件に首を突っ込む毎日を過ごしていた。ある日、同じ大学に通いながら私立探偵としても活躍している剣崎比留子(浜辺美波)が、犯行予告が届いた音楽フェス研究会の夏合宿に行こうと彼らを誘う。三人は山奥の合宿地・紫湛荘を訪れる。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記61/19’】ターミネーター ニュー・フェイト [映画鑑賞]

「ターミネーター ニュー・フェイト」を鑑賞。
e0862003815ff2b6.jpg
ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目。本作はキャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれています。 
しかし、このシリーズも本流・亜流が入り乱れ、どれもこれもがシリーズ最新作と名乗りだしてからは、「ターミネーター」というブランド価値も落ちたように感じてしまいますね。
その中で本作のウリは、アーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーター)とリンダ・ハミルトン(サラ・コナー)を復活、共演させたことでしょうか。
367854_002.jpg
367854_003.jpg
けど、今彼らを復活、共演させたところで「ターミネーター2」をリアルに観ていた世代には?しかないような・・・
それも影響してか全米では大コケしたようです[ふらふら]
ストーリーも「ターミネーター1」の焼き直しみたいですし、新鮮味はなかったな。
ひとつだけ良い点をあげるとすれば、未来から送り込まれた女戦士グレース役のマッケンジー・デイビスのアクションくらいかな。
最新型ターミネーター「REV-9」と死闘を繰り広げる彼女のアクションは良かったわ。
367854_005.jpg
ある意味、ここでシリーズを完結したほうが、ジェームス・キャメロン監督、シュワちゃん、リンダ・ハミルトンには晩節を汚すことがないと思いますね。

解説:SFアクション『ターミネーター2』の続編。未来のためにターミネーターに立ち向かう人々を待ち受ける運命を映し出す。ジェームズ・キャメロンが製作としてシリーズに復帰し、『デッドプール』などのティム・ミラーが監督を担当。『ターミネーター2』でT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーと、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが再共演を果たす。

あらすじ:ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲルは強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)に救われ、 何とか工場から脱出した。そして彼らをしつこく追跡するREV-9の前に、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。
nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記60/19’】ゾンビランド:ダブルタップ [映画鑑賞]

「ゾンビランド:ダブルタップ」を鑑賞。
c2dba04246e73a5b.jpg
オスカー女優で大好きなエマ・ストーンがゾンビ映画に出演するというので、押っ取り刀で観に行きました。
369522_004.jpg
本作は、ゾンビが蔓延した世界を舞台に、自ら編み出した「生き残るための32のルール」を実践する引きこもりの青年を描いた人気ゾンビコメディ「ゾンビランド」の10年ぶりとなる続編。
前作は未鑑賞だったので、GEOでDVDをレンタルして予備知識を蓄えておきました(何故か、Amazonプライムビデオは有料)。
ストーリーは、爆発的なウィルス感染によって地球上の人類がゾンビと化し、現在、地球上のゾンビたちが、パワーもスピードもレベルアップした新種へと進化。コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)の4人は、コロンバスが作り上げたルールに従い、10年にわたってゾンビ社会を生き抜いていました。
そして2019年、そのほかの生存者を仲間に加えたコロンバスたちは、ルールさえ守れば何でもありな状態で、ゾンビたちをなぎ倒していくが・・・
369522_002.jpg
正直、オスカー女優が出演する作品ではないなーと思いながらも、出演したのは彼女のこの映画に対しての思い入れもあったんだろうなーと思いながら観ていました。
また、タラハシー役のウディ・ハレルソンもベテランならではの味を大いに出していましたね。
369522_007.jpg

解説:ホラーコメディー『ゾンビランド』の続編。前作から10年後、生き残った四人が進化したゾンビに新たなルールで対抗する。『ヴェノム』などのルーベン・フライシャーが監督を続投。『スリー・ビルボード』などのウディ・ハレルソン、『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグをはじめ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらおなじみのキャストが集結した。

あらすじ:2009年、感染者をゾンビ化するウイルスのパンデミックが発生。コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は、32項目におよぶ生き残るためのルールのもと、ゾンビと戦いながら絆を育んできた。それから10年後の2019年、進化を遂げたゾンビが彼らの前に現れ、4人は倍以上に増えたルールで生き残りを図る。
nice!(16)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記59/19’】エンド・オブ・ステイツ [映画鑑賞]

「エンド・オブ・ステイツ」を鑑賞。
f166d8e92bc5f2d2.jpg
「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続き、ジェラルド・バトラーがアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じる人気アクションシリーズの第3弾。
ジェラルド・バトラー好きなんですよ。骨太の”漢”を感じますよね。
と、言いながら前二作を観ていなかったので[がく~(落胆した顔)]Amazonプライム・ビデオで予習してから観に行きましたよ。
369672_002.jpg
本作も前二作同様、シークレットサービスのマイク・バニングが中心となったアクション物ですが、マイク自身は歴戦の負傷によって肉体がむしばまれ、近頃は引退も考えている、という背景があります。
そしてある日、休暇中のアメリカ大統領が大量のドローンによって襲撃される事件が発生。マイクが容疑者としてFBIに拘束されてしまう、といったストーリー。大統領役はモーガン・フリーマンが演じています。
369672_003.jpg
相変わらずの銃撃戦は迫力満点。贋物とはいえ、一体何発の弾丸を使ったことやら。そんな心配もしちゃう作品でしたわ。
369672_012.jpg

解説:ジェラルド・バトラーが『エンド・オブ・ホワイトハウス』『エンド・オブ・キングダム』に続き、シークレットサービスを演じるアクションシリーズの第3弾。アメリカ大統領の暗殺未遂事件の容疑者に仕立て上げられた主人公が、自らの潔白を証明するため奮闘する。前作で副大統領だったモーガン・フリーマンが大統領を演じるほか、ジェイダ・ピンケット=スミス、ニック・ノルティらが出演。『ブラッド・スローン』などのリック・ローマン・ウォーがメガホンを取った。

あらすじ:テロ事件から世界を守ったシークレットサービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、過酷な職務のため満身創痍で、引退を考え始めていた。ある日、休暇中のトランブル大統領(モーガン・フリーマン)が大量のドローン爆弾に襲撃される。攻撃の最中意識を失ったマイクは、目を覚ますと大統領暗殺を企てた容疑者としてFBIに拘束されていた。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

【映画鑑賞記58/19’】ジェミニマン [映画鑑賞]

「ジェミニマン」を鑑賞。
8cd36a43047e77c4.jpg
ウィル・スミスが現在の自分と若い自分の2役を演じる近未来アクション。
史上最強とうたわれるスナイパーのヘンリーは政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃される。自分の動きをすべて把握し、神出鬼没な謎の襲撃者の正体は、秘密裏に作られた若い頃のヘンリーのクローンだった・・・
368153_001.jpg
しかし、最新のデジタル技術は凄い。主演のウィル。スミスは現在のヘンリーのほか、クローンである若いヘンリーも演じ、クローンのヘンリーは最新のデジタル技術によってスミスの外見を若返らせています。ここまでくると俳優さんも逆に大変かも。
368153_003.jpg
どこかで触れたことのあるようなストーリーですが、ウィル・スミスのアクション、銃撃戦はキレキレで迫力がありましたし、バイクシーンはすさまじかったです。
368153_004.jpg

解説:『スーサイド・スクワッド』『アラジン』などのウィル・スミス主演によるSFアクション。若いころの自身のクローンに命を狙われる暗殺者が、陰謀に巻き込まれる。メガホンを取るのは『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などのアン・リー。『10 クローバーフィールド・レーン』などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『クローサー』などのクライヴ・オーウェンらが共演。

あらすじ:腕利きのスナイパーとして、その名をとどろかせるヘンリー(ウィル・スミス)は、政府からのミッションに臨むが、正体不明の人物から襲撃を受ける。自分の動きや考えを見越しているだけでなく、バイクを使った武術を繰り出す襲撃者にヘンリーは苦戦を強いられる。やがてヘンリーは襲撃者を追い詰め、襲撃者の正体が若いころの自身のクローンだと知る。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画鑑賞 ブログトップ