SSブログ

【Disney+】Now And Then – The Last Beatles Song [Disney+]

Disney+で「Now And Then – The Last Beatles Song」を鑑賞。
F95FySSa0AAA62o.jpg
先日、ビートルズ最後の新曲「ナウ・アンド・ゼン」が発表されました。
この新曲発表までには波乱万丈、50年以上かかったそうです。
ことの発端は、1970年代にジョンがテープに録音したボーカル曲が1995年頃に見つかりましたが、デモテープなので、かなりのノイズが入っていたらしいのです。
それを、ポールとリンゴがなんとか曲にしようと制作が開始されましたが、当時の技術では無理があっり、未完成のままとなっていました。ちなみに、ジョージは制作には反対したそうです。
ところが2022年、予想外の出来事が起こります。世界的映画監督のピーター・ジャクソンと彼のチームが開発したソフトウェアが、ドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ:Get Back」の製作に使用され、ついにジョン・レノンのボーカルとピアノ・パートを別々のサウンドデータにすることに成功。その結果、オリジナル・レコーディングデータは、4人のビートルズ全員の参加によって、新たに蘇り、作業されることになりました。
ある意味、これは音楽に対する考古学的復元作業ですよね。
その模様を収めたドキュメンタリーが本作「Now And Then – The Last Beatles Song」。12分という短いドキュメンタリーですが、内容が濃かったですね。ポールとリンゴが「テクノロジー」というワードを何度も発するのが印象的でした。
ビートルズの“最後の新曲”にまつわるミニドキュメンタリーとミュージック・ビデオ。エミー賞受賞の「ザ・ビートルズ:Get Back」と共に、Disney+で観ると楽しさ倍増かも[わーい(嬉しい顔)]
ちなみに、YouTubeでも公開されていたので埋め込んでおきますね。

nice!(19)  コメント(12)