SSブログ

【読書日記19/23’】ブラックサマーの殺人@N.W.クレイヴン [読書日記]

N.W.クレイヴン著「ブラックサマーの殺人」を読了。
51dBDUkiUbL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg
英国推理作家協会賞ゴールド・ダガー受賞作「ストーンサークルの殺人」に続く、ワシントン・ポー・シリーズの2作目。
トリック的にはちょっと無理のある感じでしたが、話の構成とかもって行き方は本作のほうが良い感じがしました。結構、ハードボイルドな面もあったしね。2作目で少しコツをつかんだ感じで、読み手もそれを感じながらページをめくる手が止まりませんでしたね。
また、主人公の刑事ポーと相棒の分析官ブラッドショーとの関係性も1作目より密になった感じがして、このコンビワークのこれからも読んでいきたいな。
しかし、本作で刑事ポーが「シェフにはサイコ野郎が多い」(英国において)というセリフがあるけど、これはホントなのかしらんと、思ってしまいましたわ^^;

内容:かつて刑事ポーによって一人の男が刑務所送りにされた――カリスマシェフとして名声を誇ったジャレド・キートン。 彼は娘のエリザベスを殺した罪に問われたのだ。だが六年後のいま、その娘が生きて姿を現した! キートンは無実なのか? あらゆる証拠が冤罪を示し、窮地に立たされたポーを助けるべく、分析官のブラッドショーが立ち上がる。強烈な展開が読者を驚倒させる、英国ミステリ・シリーズの第二作。
nice!(20)  コメント(8) 

nice! 20

コメント 8

mutumin

どうしてシェフにはサイコやろうが多いんだろう?意味わかんない。
by mutumin (2023-08-29 04:47) 

親知らず

娘が生きている事が分かった時点で冤罪なのでは?
娘が仕組んだ罠?
by 親知らず (2023-08-29 08:30) 

paulo

双子の娘のうち一人を消したんでしょう?
by paulo (2023-08-29 09:29) 

リュカ

>シェフにはサイコ野郎が多い

そうなのですね!?(笑)
これからお店のシェフを見る目が変わりそうww
by リュカ (2023-08-29 09:32) 

HOTCOOL

mutuminさん

僕も意味がわかんなかったです^^;
by HOTCOOL (2023-08-30 03:27) 

HOTCOOL

親知らずさん

そこはミステリーなのさ(笑)
by HOTCOOL (2023-08-30 03:31) 

HOTCOOL

pauloさん

そんな単純ではありません。
by HOTCOOL (2023-08-30 03:32) 

HOTCOOL

リュカさん

世界中のシェフを敵に回すような記述ですよねww
by HOTCOOL (2023-08-30 03:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。