So-net無料ブログ作成

【読書日記18/19’】ジェリーフィッシュは凍らない@ 市川憂人 [読書日記]

出張のため、予約投稿です。

市川憂人著「ジェリーフィッシュは凍らない」を読了。
51yg3f5AQFL._SX336_BO1,204,203,200_.jpg
第26回鮎川哲也賞受賞作。
と言っても、鮎川哲也ほどの重厚感はなく、現代風にポップなミステリーになっています。
物語の設定も斬新でまさに新時代の「そして誰もいなくなった」かな。
けど、イマイチ探偵役の主人公2人(男女のバディ)が弱い。キャラは立ってるんですが、活かされていない。そして、設定が海外というのもね。
日本のミステリー作家なら日本を舞台にしてもらいたいと考えるのは、HCくんだけだろうか。

内容:特殊技術で開発された、小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。その発明者であるファイファー教授を中心とした技術開発メンバー6人は、次世代型ジェリーフィッシュの長期航空試験に臨んでいた。ところがフライト中に、密室状態の艇内でメンバーの一人が死体となって発見される。さらに、自動航行プログラムが暴走し、彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう。脱出する術もない中、次々と犠牲者が……。精緻な筆致で描く本格ミステリ、新時代の『そして誰もいなくなった』登場!
nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ: