So-net無料ブログ作成

【映画鑑賞記38/19’】X-MEN:ダーク・フェニックス [映画鑑賞]

「X-MEN:ダーク・フェニックス」を鑑賞。
4ca513eef09df4c5.jpg
アベンジャーズシリーズに並ぶ人気のマーベルコミック原作の「X-MEN」シリーズの7作目。
しかし、ヒュー・ジャックマン演じた人気キャラクターウルヴァリンが去り、時系列も複雑でアベンジャーズと比較するとイマイチ盛り上がりにかけると感じているのはHCくんだけであろうか。
しかも、ストーム役のハル・ベリーがいつの間にか違う女優さんに交代し、本作ではミステイーク役のジェニファー・ローレンスもいなくなってしまいます(ネタばれ)。
366075_006.jpg
最新作では新たなキャラクターを模索している感じがしますね。
物語はX-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生のジーン・グレイがメイン。彼女はある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、抑え込まれていたもうひとつの人格「ダーク・フェニックス」が解放されてしまいます。ジーン自身にも制御不能なダーク・フェニックスは暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れ・・・
366075_004.jpg
ジーン役はソフィー・ターナー。プロフェッサーX役には引き続きジェームズ・マカボイが演じています。
366075_002.jpg
本作でX-MENシリーズは一応の終わりを向かえたらしい。
次の展開がどうなるのか期待したいですね。

解説:世界中でヒットを記録した『X-MEN』シリーズの第7弾となるアクション大作。前作でX-MENを勝利に導いたジーン・グレイのもう一つの人格が、思わぬ事態を引き起こす。監督は同シリーズの製作や脚本などに携わってきたサイモン・キンバーグ。ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」などのソフィー・ターナーをはじめ、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスらのほか、謎のキャラクターとしてジェシカ・チャステインが出演する。

あらすじ:サイコキネシスとテレパシーの使い手ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)の活躍で、X-MENはすさまじいパワーを持つミュータントのアポカリプスを倒した。それから10年後、宇宙でのミッションで発生した事故によってジーンが封じ込めていた邪悪な別人格ダーク・フェニックスが解き放たれる。やがて彼女は制御不能に陥り、世界は滅亡の危機に直面する。
nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ:映画